【食費の節約】忙しいサラリーマンでも朝五分でできるお弁当の作り方。つめるだけ弁当を紹介します。

こんにちは。
さとり世代のシンプリスト、ゆきです。



ランチ持参で食費を節約



食費節約術の王道中の王道。
お弁当生活、私も実践しています。

作りおきを冷凍して、朝解凍してつめるという、手作り冷凍食品生活を送っていたこともありますが、手間がかかって大変で脱落しました。

そんな私が続けられている、超時短弁当の作り方を紹介します。
お弁当とおかずの段がわかれている二段弁当を使っています。

市販の食品をフル活用「つめるだけ弁当」



1.起床後すぐにご飯段にご飯をつめる。冷ましておく。

2.からあげなどメインおかずになる冷凍食品を2~3個いれる。

3.おひたしなどサブおかずになる冷凍食品を1個いれる。

4.あまったスペースに市販の煮豆やプチトマトをつめる。

5.出かける直前にふたをしめる。忘れないように!

一応栄養のバランスもぎりぎり大丈夫かな?
つめるだけで完成するお弁当、「つめるだけ弁当」です。

最初はつめるだけでも時間がかかってしまいますが、慣れてくると5分もかかりません。

手作りお弁当とはとてもいえないお弁当の作り方ですが・・・
お弁当で食費を節約するには、なにより継続。

見た目、彩りを気にして凝った挙句、疲れてやめてしまうのが一番もったいないです。
とにかく、「おいしく食べられてお腹一杯になるお弁当」を作り続けることが大事です。

これなら一人暮らしの忙しいサラリーマンの方でも続けられるかなと思います。

冷凍食品の選び方のコツ



つめるだけ弁当に欠かせない冷凍食品ですが、気をつけてほしいポイントが1つあります。

それは、「解凍不要」と「自然解凍」と明記されているものを買う必要があること。

レンジで解凍しなければならないものは、解凍時間がかかってしまいます。
それに、解凍したてのほかほかのおかずを冷ます時間も必要です。

時短でつくるには自然解凍OKの冷凍食品を使うのが一番です!

つめるだけ弁当、一食いくら?



「こんなに冷凍食品をたくさん使っていては、節約にならないのでは?」と思う方もおられるかもしれませんね。

西友ネットスーパーで調べた価格で計算してみます。

冷凍食品は6個入りで150円前後です。
煮豆も132gのものが158円。
プチトマトも10個入り程度のもので158円。

ご飯も市販のものだと、200gのものが5個いりで397円。

ご飯200g・・・80円
メインおかず3つ・・・75円
サブおかず1つ・・・25円
煮豆四分の一パック・・・40円
プチトマト2個・・・32円

合計で252円です!

これは思っていた以上に安い!と私は感じますが皆さんはいかがでしょう?

毎日500円のお弁当を買っていた方なら、一日当たり約250円も節約できます。
一ヶ月当たりだと5000円もの節約になりますね。

食材はネットスーパーでも購入できますし、
毎朝5分で作れますから、ランチを買いに並ぶよりも時短です。

手作りお弁当に挫折した方、食費を節約したいと思っているサラリーマンの方、ぜひ実践してみてください!



すくないお金で暮らせるなら、働き過ぎなくてもだいじょうぶ。身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています