【貯蓄額を公開】給与の半分を貯めた新卒女のはなし。




新入社員=お金の貯め期 ?


お金が貯まりやすい時期、いわゆる貯め期とよばれる時期があります。
人生で一番始めにくる貯め期は就職してから結婚するまでの時期だといわれています。

私はこの貯め期第一フェーズに入って4ヶ月経ちました。 
いま現在、大卒新入社員の平均的な額の給与を3.5ヶ月分得ています。
4月は働き始めなので給与が0.5ヶ月分だったためです。 

ここからどれくらい貯金できたのかを公開します。 

働き始めたら貯金って実際どれくらいできるの?
貯め期っていうけどホント?
という新入社員の方、あるいは就活生の参考になれば嬉しいです。

手取り給与の半分以上を貯金できた


貯金できた金額は以下の通りです。


(画像はマネーフォワードより)

4月 9万円(うち3万は学生時代の貯金)

5月 14万円(6月に入金)  

6月 17万2千円(前月までの予算繰越を含む) 
7月 11万円 

計 51万2千円(うち3万は学生時代の貯金) 

そして現在の資産は52万6千円。




 

(画像はマネーフォワードより)

財形貯蓄と確定拠出年金の積立も含むと60万円くらいです。

学生時代の貯金(いくらかはっきり覚えていません…3万円から5万円くらい?)も含まれていますが、月に10万円以上貯金できています。




貯蓄できたのは無駄を抑えたから



かなり支出を抑えているようにみえますが、私はケチケチしたせせこましい生活を送っているわけではありません。

かねてから興味のあったちょっとセレブ感のある習い事(月謝二万円)を始めるなど、好きなことはかなり贅沢にお金を使っています。

自分に必要のないもの、興味のないものにお金を使っていないというだけです。

無駄なお金を使わないよう私が意識していることも今後記事にしますね。

貯蓄は50万もあれば十分だと思うので、これからは貯蓄だけでなく、余剰金を投資に回すことを意識していこうと思います。

すくないお金で暮らせるなら、働き過ぎなくてもだいじょうぶ。身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています