【写真あり】トートバッグを断捨離。なにを残すか?判断のコツに気づいた話。


いまわたしは、クローゼットに全シーズンの洋服を収納することを目標に、服・小物の断捨離に取り組んでいます。

関連記事・クローゼットの公開と、断捨離の目標

アイテムごとに断捨離をしようと決めて、今日はトートバッグの断捨離をしました。



持っているトートバッグは6つ。



クローゼットにあるトートバッグは、黒のトートバッグ、白のトートバッグ3つ、動物柄のトートバッグ、花柄のトートバッグの6つ。

『持ってない柄だから』
『持ってない色だから』
『持ってない大きさだから』

と買い足して6つになっていました。

1つトートバッグを買ったら1つ捨てればいい話ですが、合わせる服や使う用途がちがうとおもって、なかなか捨てられませんでした。



いくつあればいいのかを決める



そもそも、トートバッグは私の暮らしにいくつ必要なのか?

普段の生活を考えてみると、トートバッグを使うのは基本的に休日のちょっとしたお出かけ。カジュアルなものですからね。

荷物が多いときは仕事の日でも使うけれど、同時に2つ使うことはない。

そう考えると、トートバッグ、1つでいける気がしてきました。



どうやって減らす?



トートバッグが増えた理由から、減らし方を考えてみます。

『持ってない柄・色だから』

→コーディネートをひたすら増やすことを意識していた頃の考え方。今は特にこだわりがないので、どんな格好にもあわせやすいものがあればいい。


『持ってない大きさだから』

→大は小を兼ねるけど、大きすぎても困るかも。小さいもの、大きいものが1つずつあればいい。

だから、小さいもの・大きいものを1つずつ持つことにしました。


大きさごとに並べてみる



断捨離の基準が『大きさ』に決まったので大きさごとに並べてみました。

大きいもの


どれも大きさは同じくらい。右端のものがシンプルなデザインなのでこれを残す。

小さいもの


大きさはまちまちだけど、左端のトートバッグ以外は、先ほど残すと決めた大きさのものでも代用可能な大きさ。なので左端のトートバッグを残す。


断捨離完了!



6つのトートバッグを2つに減らすことができました。

特に大きいサイズのトートバッグを減らして、残したトートバッグのうち大きいほうは別のラックにかけたし、小さいものはたたんでさらに小さくできた。なので、カバンの収納スペースがすっきりしました。



まだぐちゃっとしてますが。最終的に、このカバン収納につかってる棚もいらないかも。

この調子でやっていきます!



まとめ



トートバッグの断捨離。6つから2つに減らしました。


減らしたポイントは2つ。

・シンプルなデザインをのこす
・大きさごとで断捨離する

増えた理由を考えると、減らす基準を決めやすかったです!

モノを減らすことで気持ちもすっきりしてきます。身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし
断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています