いらないけど、もったいなくて捨てられない!な、トートバッグをどうする?

トートバッグを断捨離しましたが、必要ない・使わないものとはいえ、汚れてるわけでもないしまだまだ使えるものばかり。

もったいない精神が働いて、ゴミ箱にぽいっとできませんでした。ノーブランドのトートバッグなので売ることもできません。

いらないけど捨てられないものをどう処理するのか?

2パターンの対処をしました。



ほしい人に譲る





母がトートバッグをちょうど欲しがってたので譲りました。水色の花柄のトートバッグは、上品な色合いだったので自分用に、赤い動物柄のトートバッグは、飼っている犬の病院用にするとのこと。


収納グッズとして再利用する





トートバッグはモノをいれて持ち運ぶために使いますよね。『モノをいれる』機能を活かし、トートバッグは収納グッズとしても使えます。


わたしは、しっかりした素材で内ポケットつきの白のトートバッグに車の荷物をまとめていれることにしました。

わたしの場合、いくつもある車の収納スペースに適当にモノをいれてしまい、どこになにがあるやら状態。なので、トートバッグにひとまとめに収納して、運転席の背もたれにかけておくことに。

免許証・サングラスを内ポケットに入れて、車の説明書やティッシュなどをがさっと収納しました。


このアイデアが浮かんだのはちょうど車検の時期だったから。車検にだすために車の荷物を片づけていると、あちこちからモノがでてきて少々面倒だったのです。

トートバッグに車の荷物をひとまとめにしてみたら、車検の受け渡しもスムーズにできました。



まとめ



捨てるに捨てられないトートバッグの活用方法は2つ。

・ほしい人に譲る
・収納グッズとして再利用する

トートバッグをほしい人はあまり見つからないかもしれませんね。なので、収納のために使えないかどうかを考えるのが合理的かと。

今回、わたしはトートバッグを収納グッズに再利用できて、新しい収納グッズを買わなくて済んだので、節約にもなりました。


持っていたトートバッグを断捨離して、、4つ捨てるつもりでした。2つ人に譲り、1つは収納に再利用。結果的に、捨てるトートバッグは1つですみました。

▽ バッグの断捨離についての記事

トートバッグを断捨離しました。6つのうち使うのは2つ。

リュックを断捨離。4つから2つに。1つにできない理由。

捨てるつもりのモノでも、違う使い方ができれば新しいモノを増やさないようにすることもできる。身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています