今日捨てたものと、化粧品の消費期限のはなし。


今日、この化粧下地を捨てました。断捨離、というか、いたしかたなく。

最近、草花木果の化粧下地を使いきりました。なので、さらに前に使って放置していたこのコフレドールの化粧下地をもう一度使っていました。



捨てる理由



が、肌がブツブツと荒れてきてしまったのです。タイミング的に、この化粧下地が関係してる可能性が高いです。

化粧下地は肌に一番に塗るものだから、肌荒れするものは使えません。仕方ないので捨てることにしました。草花木果の化粧下地を注文して、待機中です。



原因は消費期限?



今回肌荒れした化粧下地、前に使っていたときは大丈夫だったはずなのです。肌荒れするようなら捨ててるからです。

なんで? と思って調べてみると、どうやら化粧品には消費期限があるそう。開封後半年~一年で使い切るべきらしいです。

参照・肌らぶ-これだけは守っておきたい化粧品の使用期限

化粧品がなかなか減らないわたしは、ほんとかな~?化粧品会社の策略じゃない? なんて思ってしまうのですが。

実際今回、古くなった化粧下地で肌荒れしました。古いものはよくない、というのは正しそう。



まとめ



古い化粧下地を使って肌荒れしたので捨てました。化粧品の消費期限は開封後一年くらいだそうです。

古い化粧品、一気に断捨離しようかな。と、決意した今日のできごとでした。

化粧品こそ浮気すべきじゃないと実感。モノを捨てて身軽になるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています