やりたい仕事があるなら、総合職はやめるべき。【内定式のモヤモヤ→転職までの体験談】



今日10月1日は内定式ということで、就活・就職についてのわたしの体験談を書いてみます。



就活中に考えてたこと



『どうせ結婚してやめるんだろうし、楽そうな会社で適当に働いて、三年でやめよう』とおもってました。そのくせ、お金はしっかり貰いたいし、土日休みたいし、残業はしたくないし、楽しい仕事がしたいとわがまま全開で就活してました。

人気企業の人気職種を受けるも、当然倍率も高く、三年どころかずっと働き続けたいと熱意を持ってる方はたくさんいるわけで。面接でことごとく落ちました。

ですが幸い地元企業が総合職の大量募集をかけていてなんとか拾って頂けました。お給料もいいし就活成功!と、思っていたのですが…



内定式のときに思ったこと



内定式で初めて同期と出会うのですが、大変失礼な話で『この人たちとわたしは同レベルなの?』と感じました。聞いたことのないような大学や、誰でも入れる様子な私立大学出身の人ばかり。話をしても違和感を感じる(自分の話を理解してもらいにくかった)。第一印象から彼らを見下してしまったわたしですが、その印象はずっとほとんど変わることはなかったです。

後にわかることだったのですが、同期のレベルに満足できないということは、上司のレベルにも満足できない可能性が高い。上司が同期を採用しているのだから。



内定式後の懇親会で思ったこと



先輩社員と新入社員での懇親会が内定式後にありました。隣の先輩のお話を聞いていると、楽しそうな仕事をしておられました。やりたい仕事だとおもいました。そして、その先輩はわたしと同じある資格を持って、それを使いつつ仕事をしていたので、『わたしも先輩と同じ仕事ができるはず』と短絡的に捉えました。

同じ資格を持ってるからって、人事配置が確定するわけではありません。が、『その仕事ができる気がする』という気持ちにはなってしまいます。

おそらく懇親会などに出席する先輩は『一部の限られた仕事を楽しんでる社員』です。その人と同じように働けるとは限りません。ここで夢見てしまわないように!



入社後、思ったこと



わたしの考えが甘かった、というか。上述の先輩とは全く違う部署に配属されました。仕事内容は単調で、時間が長く感じます。異動したいな、と思ったのですが恐らく1~2年は同じ仕事をするとのこと。うーんしんどい。やりたくない仕事を2年。3年でやめるつもりなのにもうやめたい…

結果からいうと、早々に転職しました。『やりたくない仕事』をやり続けるのに意味が見いだせなかったのです。あと、営業を希望してた先輩が営業に配属されたのに数ヶ月で他の部署に異動になったり、という姿をみて。総合職だとやりたい仕事ができないしのは普通なのかもなぁ…と悟りました。


転職しました。



やりたい仕事ってなんだろう?と考えたときに、結局わたしは資格を使う『専門職』で働きたいんだと気づきました。やりたいことベース・資格有りで転職活動をしたので、スムーズに決まりました。現在その職場で楽しく働かせてもらっています。時間がたつのが早いです。

最初から資格職で就活をすれば良かった、と思います。資格職での就活は長期戦で冬までかかる人もいるし、なんなら春になっても終わらない場合もあるという噂があって敬遠していました。わたしは楽をする道を選んだのですが、結果的には遠回りをしてしまいました。前の会社の人にも迷惑をかけました。



内定式にいって、モヤモヤしてる新社会人の方へ



内定式にいって、同期なり先輩なり、詳しく聞いた仕事の内容なり、『なんか違うな~』と思ったら、就活を再開したほうがいいんじゃないかな?と思います。仮・転職活動という感じで。

今なら時間もたっぷりあるはず。履歴書もきれいなまま、新卒という武器もあります。就職してしまってからの転職活動よりははるかに優位。

特に総合職入社は気をつけて。総合職はジェネラリストコース(どんな仕事も広く浅く、会社のために)です。やりたいことが確立していても、やりたくないことが仕事になる可能性がたかいです。(出世したい・仕事はなんでもいいなら迷わず総合職でいいとおもいます。)

わたしの場合、やりたくない仕事を経験してやりたい仕事に気づけたともいえます。『モヤモヤ』が生じたら、無視せず向き合ってあげてほしいと思います。

▽ 就活再開に役立ちそうなサービス
三分で企業研究ができる。スマホで、家にいながら。合同説明会に行かなくていい=交通費がかからないのは魅力的。
動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説

身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています