服を減らしたら、チェストがいらなくなりました!ドミノ倒しみたいな断捨離。



このチェストは、下着やパジャマをいれて、ベッドサイドにおいていたものですが、いらなくなりました。

上の引き出しにはタンクトップなどトップスの下に着るインナー、真ん中の引き出しにはタイツや靴下などボトムスの下に着るインナー、下の引き出しには化粧品や雑貨をいれていました。チェストの上には明日着る服や、本や、時計を置いていました。



チェストが不要になった理由は?



先日、インナーを持つ数を決めてから(詳細はこちらの記事)、収納をしなおしたところ、こんな感じになりました。

(下着部分を隠しています)

今まで靴下をいれていた箱(20×10×7位の大きさ)に、下着・タンクトップ・靴下など普段着るインナーが収納できました。

こんな感じで、収納スペースが少しですむようになったので、チェストがいらなくなったのです。



断捨離は、ドミノ倒しのよう



インナーの断捨離って、些細なことですよね。簡単にできます。ですが、この断捨離をしたことでわたしは、ずっと使っていた、あって当然だと思っていたチェストを手放すことができたのです。

断捨離を少しずつ進めていくと、だんだん手放せるものが増えていく。それも、大きくなっていく。インナーを断捨離したら、収納家具も減らせる。なんだかドミノ倒しみたいでおもしろいな。



まとめ



インナーを減らしたら、インナーを入れていた家具がいらなくなりました。モノを減らせば、収納家具も少しですむのです。

衣服を中心に小さなことから断捨離を始めたわたしですが、ついに家具まで手放せるようになりました。部屋も広くなり、ミニマムな暮らしは快適です。

身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事

このブログの人気の投稿

通勤用の私服の制服化、10月版完成。春も着回せるコーデを公開!

【写真あり】手持ち服の30%を減らす考え方とは? セーターの断捨離手順を公開。

秋服を制服化して二週間。わたしが感じていること。