【女性の働き方】産休をとってまで働くのは果たして最良の選択なのか?


いま、わたしの職場には妊婦さんが二人います。ひとりは、産休をとっている方。もうひとりは、つわりまっただ中の方。

二人を見ていて、わたしは産休制度は使えないな~と感じています。



産休がギリギリまでとれない



産休は予定日の六週間まえから取得できるそうですが…六週間まえって、かなりお腹が大きくなってる。

こんなにお腹が大きいのに、普通の人と同じように八時間も働くの?と職場の方を見ていて恐怖を感じました。デスクワークの仕事じゃないと、とてもじゃないけど産休期間まで働くのはしんどそう…

家で家事をするのとは違って、仕事ですから疲れても休みにくいです。産休をとるまで、安全に働けるかどうかは、職場の環境や周囲の理解に左右されるのでは?



つわりは単なる病欠扱い



産前はもちろんですが、つわりのときも体はしんどい。体調によっては働くことは厳しい日もあるでしょう。

でも、つわりは病欠と同じで、有給を使うか、無給休みです。産休ではないので、産休代替の人材もとれません。職場からしたら、穴が開いている状態で少々困ることも。

もちろん休んで当然の理由だと思うのですが、真面目な人だと職場に迷惑をかけている…とストレスになるのでは?妊娠中は心穏やかにすごすべきで、こんなストレスを感じるのは良くないと思います。



なぜ産休をもらうまで働くのか?



つわりを乗り越えて、お腹が大きくなっても働いて、それでやっと産休がもらえる。そうまでして、なんでみんな働くの?というのがゆとり世代独身女の感想です。

想像しうる理由としては、・今の職場から離れたくない、・生活費のための2つでしょうか。会社をやめてしまったら、出産後に今のような仕事をもう一度見つけることができない。今のようなお給料を稼ぐことができない。こんな感じですかね。

でも、出産後=育児中に今と同じ仕事がこなせるのでしょうか?保育園がある、かもしれないですけど、一日中保育をしてくれるわけじゃないですよね。それとも夫が家事や育児を中心になってやってくれるのでしょうか。



わたしはこうしたい。



わたしは、お二人をみていて自分には無理だと思いました。お腹に子どもを抱えて、今と同じ仕事をする気力はない。

だから、子どもができたら、あるいはつわりが始まったら仕事はやめる予定(いつの話になるやらですが)。妊娠中でもできる仕事を探せばいいと思うのです。在宅で働けばいい。給料は確実に減るけれど、そのなかで生きていけばいい。

ただ、再就職はおそらくするでしょうから、先を見据えていまのうちにスキルは身につけておこうと思います。



まとめ



産休をとるには、つわりを乗り越え大きなお腹を抱えてまでして働かないといけないことにひいてしまったわたし。自分には無理。

そもそも、子持ち女性が社会復帰しやすいような国になってほしいものですが…それはスケールが大きすぎるので。

わたしにできることは、出産を機に退職→育児が落ち着いて再就職することを見据えていまスキルを磨くこと。夫給料+在宅ワークで暮らせるようミニマムになるのもひとつですが、育児にかかるお金がよくわからないので、選択肢から外しました。

女性が仕事に集中できる時間って、すごく短いなと思います。愚痴ばかりいってないで、大切にしないとですね。

身軽に・シンプルに生きるためのヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事