いらない服の処分方法、どうしたら手っ取り早い?


衣替えを機に断捨離したときに出てきたいらない服の処分方法に困っています…実は、いまだに手放せていません。

関連記事・いらない服を見抜くためのわたしの考え方を紹介します



手放せていない理由は?



手放せてないのはわたしの性格、めんどくさがりが理由です。手放す手間を考えるとめんどくさいのです…

売るにしても、リサイクルショップまで行かないといけないのです。安い服ばかりなので、ブランディアやフクウロなど、郵送で売れるようなショップでは引き取ってもらえません…。

捨てるのはもったないないし、寄付をしようかな?と考えたこともあります。が、寄付するにしても郵送する必要があるので手間です。



捨てるしかない?



結局、捨てるしかないのかなぁと思ってます。『手放す』、ただそれだけのことにエネルギーを使いたくないし。

でも、もったいないな~という気持ち、後悔に向き合えるのは『捨て』ならではかもしれません。

リセットの意味もこめて、捨てることにしようかな。古着回収の日に捨てることにします。



まとめ



結局、いらない服は『捨てる』のが手っ取り早い。ただ、捨てるのはもったいないし、心も痛みます。

でもだからこそ、次から『ほんとうに必要なモノ』を厳選する事ができるのかなと思います。

あと、手放しやすいものを選ぶのもひとつ。ユニクロ・ジーユーなら店舗に古着回収ボックスがあるので、『賞味期限がみじかいとわかりきってるような服』はユニクロ・ジーユーを選んでも良いかも。

いらない服をユニクロに持って行きました。

身軽にミニマムにくらすヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事