【1日1カ所、15分で断捨離】化粧品・薬などの雑貨ケースを見直す。


化粧品・薬の予備や、季節モノ(マスク、虫除けスプレー)をいれている雑貨ケースの中を見直しました。

使っていないモノをざっくりまとめていれているケースなので、『今は』使ってないものだけを収納していたいのです。だから、今後も使わないだろうな~というものを捨てることにしました。



捨てたもの




・試供品もろもろ
試供品は、すぐに使い切るものとして製造されているので、品質が長く持たないらしいです。最近、雑誌で読んで初めて知りました…。いつもらったのかわからない試供品(化粧水やシャンプー)は全て捨てることにしました。

・二重にするコスメ
学生時代、アイプチやアイテープで二重を作っていたのですが、だんだん、二重がクセづいてきて使わなくなりました。アイテープは肌が荒れることもあったので、捨てます。アイプチはつけまのりとして使うかも?と保留。

・靴擦れ防止のパッド
使いにくかったので捨てます。



収納場所を変えるもの・使い切るもの




・クリニカ(口をゆすぐハミガキグッズ)
存在を忘れていました。洗面所において、使い切ろうと思います。

・綿棒
化粧ポーチにいれます。こんなところに収納しても使うときに出すのが面倒です。

・毛穴パック
一度使ってみて、合わなければ捨てます。




まとめ



ほとんどが試供品でしたが…かなりのモノを捨てることができました。

1日1カ所でも、少しの時間でも、断捨離を積み重ねて、暮らしを整えていきたいです。

『15分断捨離』の考え方が参考になりました(今月号のESSEで特集されています)


身軽にミニマムにくらすヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

少ない服で着回す

断捨離でゆとり生活

ミニマリストの持ち物

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事