定時で帰るのが気まずいのはどうして?定時で帰る人が少ない理由を考えてみた。


職場に違和感を感じることがあるので書いてみます。愚痴というか、モヤモヤ。



定時で帰ることに『気まずさ』を感じるのです。どこの職場でも同じなのでしょうか。

定時をすぎてすぐに席を立つ人があまりいないのです。みんな、30分くらい残業しないといけない、という暗黙のルールを持っているような。

もちろん、業務が終わらなくて…という理由の残業ならいいと思うのです。でも、そういう感じじゃない。『みんなまだいるから』残ってる、という感じの残業。

それ、無駄な時間じゃない?と思うのはわたしが社会人としてなにか欠落してるのでしょうか…?周りが見えていないのでしょうか…?



わたしは、基本的に定時で帰りたい。残業代より早く帰ることのほうが魅力的だから。そのために、勤務時間中は集中して仕事をしてるつもり。だから『気まずさ』を感じなくていいはずなのに…このモヤモヤはなんなのでしょう。

定時=仕事が終わる時間、なのに自分がさぼってる気持ちになるのです。みんながまだ働いているから。この小さな罪悪感が帰る瞬間はストレスになる。割り切るより、付き合って残業したほうがらくなんだろうな、だからみんな残ってるんだろうな。

うーん。解決には至らず…もうすこし考えてみます。ささいな悩みでした。

身軽にミニマムにくらすヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事