すこしのお金で贅沢な気持ちに。冬のささやかな楽しみを見つけたはなし。



お金はたくさんじゃなくても、幸せになれるんだな~と実感したできごとがありました。




ちいさなふゆの幸せ


今日の帰り道。すこしお腹がすいていて、最近肉まんが食べたいなと無性に思っていたことを思い出しました。

コンビニに寄って、肉まんを買って食べよう。

そう決めて、電車を降りて、コンビニまで歩いて。いちばん豪華な(といっても170円)の肉まんを買いました。

コンビニを出て、すぐに袋から肉まんを出してかぶりつく。暗くて、すこし寒い帰り道だったけど、わたしは小さな欲望を満たして満足感でいっぱいでした。




お金と贅沢は=じゃない。


あ~贅沢だなぁとおもったのです。出費自体はほんの少しなのに。

これは、自分がしたいこと・望むことを自分で決めて、決めたとおりにお金を使って、望んだとおりの結果になったからなんじゃないかな。

つまり、贅沢だな~という感情は、お金の使い方に自分自身が納得したときに感じるのかな。

じゃあ、贅沢はお金のさじ加減で決まるんじゃなくて、自分の意志で決められるということ。かな?

なにをしたいか。なにを望むのか。自分で決めて、お金を使うことが日常の満足感をたかめるのでしょう。


身軽にミニマムにくらすヒント、他のブログ様でも紹介されています(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

断捨離でゆとり生活

すっきり暮らす

持たない暮らし


▽ ランキングに参加しています

 

▼ 関連記事


▼ 新着記事